職場恋愛

独身女性が既婚男性にメールを送る時の6つの注意点!誤解されない方法は?

独身女性が既婚男性とメールを送る時の注意点

独身女性が既婚男性にメールを送る時、いろいろな意味で緊張しますよね。

  • 相手の奥さんに誤解されたらどうしよう
  • どんな文面に注意したらいいかな
  • 常識的な境界線がわからない
  • 気があると勘違いされたくない etc

業務外連絡が必要となる独身女性にとって、履歴が残るメールのやり取りは難易度が高いとも言えます。

相手が既婚男性であるため、奥さんに気をつかうのは当たり前のマナー。

独身女性がメールを送る時間帯や文面には、細心の注意をはらいたいものです。

今回は、独身女性が既婚男性にメールを送る時、どんなことに注意したらいいのか探っていきたいと思います。

注意点に加え、メールのやり取りで誤解されない方法も紹介していますので、参考にしてみてください。

独身女性が既婚男性にメールを送る時の6つの注意点!

独身女性が既婚男性とメールを送る時の注意点

独身女性が既婚男性にメールを送る時には、最低限守らなくてはいけない注意点があります。

  1. ハートマークの絵文字を使わない
  2. 休みの日、深夜に連絡しない
  3. 奥さんに配慮した文面にする
  4. プライベートな連絡先に連絡しない
  5. 連絡を必要最低限にする
  6. 返信を期待しない

詳しく見ていきましょう。

①ハートマークの絵文字を使わない

独身女性が既婚男性にメールを送る時は、ハートマークの絵文字は避けた方がいいです。

普段の感覚でハートマークを使うことで、既婚男性や奥さんに誤解される確率が高くなります。

既婚男性に気があると思われる可能性もありますし、ハートマークを見てしまった奥さんは不快に思うでしょう。

ハートマークなどの絵文字を極力使わず、必要なことだけ伝えるようにするといいです。

②休みの日、深夜に連絡しない

休みの日、深夜に連絡をしないようにしましょう。

既婚男性には家庭があり、仕事が休みの日は完全にプライベートな時間です。

独身女性からの連絡で、奥さんはあまりいい気はしません。

非常識な時間に連絡することだけは、避けた方がいいと言えます。

③奥さんに配慮した文面にする

既婚男性には愛する奥さんがいるため、メールの文面には配慮しましょう。

既婚男性を勘違いさせる内容だったり、プライベートな質問をしたりと、誰がみても怪しいと思う内容は避けるべきです。

独身女性は、必要最低限のことだけを伝える姿勢でいるとバッチリ。

文頭に「お疲れ様です」や「お休みのところ申し訳ありません」など、既婚男性の奥さんに配慮した文面にするといいでしょう。

④プライベートな連絡先に連絡しない

独身女性から既婚男性にメールをするのなら、プライベートな連絡先に連絡しないことが鉄則です。

メールを送るなら、仕事用のメールアドレス宛に送りましょう。

誰が見ても用件だけ伝えている印象をあたえることが重要とも言えます。

誤解されるような連絡方法には注意が必要です。

⑤連絡を必要最低限にする

既婚男性にメール連絡する場合、、やり取りを必要最低限にとどめましょう。

独身女性にその気がなくとも連絡を何回かとるうちに、既婚男性に誤解されてもおかしくありません。

独身女性と連絡を取り合っていることを知った奥さんも、複雑な心境です。

必要なことだけ伝え、早めにやり取りを終了しましょう。

⑥返信を期待しない

既婚男性に返信を期待すべきないことに注意しましょう。

独身女性が何気なく送ったメールでも、既婚男性は返信に神経を尖らせているかもしれないからです。

奥さんに誤解されたくないと思っている可能性や、下心があって返信内容に悩んいる可能性もあります。

すぐに返ってこなくても、期待せずのんびり構えていましょう。

独身女性が既婚男性にメールして誤解されない方法

独身女性が既婚男性とメールを送る時の注意点

独身女性が既婚男性にメールをした時、誤解されない3つ方法をお伝えします。

  1. 極力自分から連絡しない
  2. 頻繁に連絡しない
  3. 約束事をしない

うまく対処していきましょう。

①極力自分から連絡しない

独身女性から極力連絡しないようにすると誤解されにくいです。

既婚男性からくるメールには返信しますが、自らメールを送って接触することは避けましょう。

必要ならば会ったときに直接連絡、お互い誤解が少なく済みます。

メールでのやり取りの際には、相手の家族を気づかう文面をいれるといいです。

②頻繁に連絡しない

独身女性から頻繫に連絡しないことが、誤解されない方法と言えます。

頻繁な連絡は、既婚男性にへんな気を持たせてしまう可能性も。

必要最低限の連絡が、既婚男性の奥さんを不快にさせない気づかいとなるのです。

ビジネスメールを送る感覚でやり取りするといいでしょう。

③約束事をしない

メールのやり取りで約束をしないことは重要です。

とくにプライベートな連絡先にメールする場合、閉ざされた空間が独身女性と既婚男性の関係に誤解を生じやすくさせます。

軽い気持ちで約束した場合でも、奥さんからしたら複雑な心境になることも。

約束事は第三者がいる場面ですることが鉄則です。

まとめ

今回は「独身女性が既婚男性にメールを送る時の6つの注意点!誤解されない方法は?」についてご紹介しました。

この記事のまとめです。

独身女性が既婚男性にメールを送る時の6つの注意点とは?

  1. ハートマークの絵文字を使わない
  2. 休みの日、深夜に連絡しない
  3. 奥さんに配慮した文面にする
  4. プライベートな連絡先に連絡しない
  5. 連絡を必要最低限にする
  6. 返信を期待しない

独身女性が既婚男性にメールをして誤解されない方法

  1. 極力自分から連絡しない
  2. 頻繁に連絡しない
  3. 約束事をしない

独身女性もですが、既婚男性も誤解されたくないと思っていることがあります。

ただし、下心があるときはお互いの接し方も変わるため、よく見極めることが必要です。

参考にしてみてくださいね。

error: Content is protected !!